車両の盗難防止

白いワーゲン

イモビライザーとは聞きなれない言葉かもしれませんが、自動車の盗難防止システムのことを指します。
電子的な鍵の照合によって専用の鍵(イモビライザー)以外ではエンジンの始動が出来ないようになっており、車用の鍵に埋め込まれた電子チップが持つ固有のIDコードと車両側のIDコードを照合し、一致した場合のみエンジンを始動できるようになっています。
従来の鍵はキーシリンダー内にある物理的な噛み合わせによって開錠していたため、複製の鍵があればドアを開錠することも、エンジンを始動することも可能でしたが、イモビライザーがついている車両については現在鍵の複製は不可能と言われており、盗難にとても役立つ機能となっています。

イモビライザーを搭載している車両でも、盗難の可能性はゼロとは言い切れません。
車両側のIDコードをリセットし、別の鍵のIDコードに照合させることでエンジンの始動を可能にする装置も出てきてしまい、第三者でも開錠出来るようになってしまっています。
レッカーされて運ばれてしまったり、ガラスを割り中にある荷物等を盗られてしまう車上荒らしなどには効果がありません。
しかし、最近ではイモビライザー搭載車両は自動車保険の割引があったりとメリットは大変大きいため、搭載するに越した事はないほど便利な機能です。
最近では不正な鍵による開錠が行われた際にフラッシュや警告音が鳴るものもありますが、イモビライザー以外でも盗難に対して様々な対策を取る必要があります。